不動産・お金のお悩み解決

売却

物件売却について

売却を検討する際には
・購入時の原価(購入時の物件価格・リフォーム代・その他諸経費)
・所有期間の家賃収入(インカムゲイン)
・現在の物件の評価額と類似物件の相場
を、しっかり把握して下さい。

上記3点を、しっかり数字にして書き出して下さい。
書き出すことにより、物件価格が出てくるようになります。

・購入原価
物件代金、リフォーム代(材料費・人件費)、購入時諸経費(仲介手数料・登記にかかった費用・火災保険料、等)
入居付けにかかった費用、税金、所有期間に発生した維持経費など、
不動産は購入してから売却するまでに出費項目が数々あります。
税金に関しては、購入時・売却時に印紙税、
購入してから不動産所得税、所有期間中は所得税、売却時には譲渡所得税(利益発生の場合)といったように
不動産は、買っても、売っても、持っていても常に税金が発生いたします。
あなたのお財布から出費した金額を書き出して下さい。
・次に、あなたのお財布に入ってきた金額(家賃収入等)を書き出して下さい。
・市役所で所有物件の「固定資産税評価証明書」を入手して下さい。
また、現在周辺相場から、類似物件の相場を調べて下さい。

上記3点を把握せずに、自分さえ儲かったらいいという考えでは、
物件はなかなか買主が見つかりません。

よく、こんな人がいます。
物件を購入時に、評価額や類似物件からして適正な価格として購入します。
リフォーム・入居付けをし、数年後に、原価より数百万円高い価格で売却に出しますが、
なかなか買主が見つからない状態。
あるいは、
購入時に、適正価格より安く購入をし、売却時に適正価格以上で売却しようとしている人。
自分だけが儲かったらいいと思っている人に対して、周りにいる人達は無意識にそれを感じとり、
いつの間にか人は離れていき、事業として長続はしません。
不動産投資には、必ず人と関わって事業が成立つという事を理解しましよう。

まず、あなたはいくらだったら買いますか?

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0798-20-5905

お問合せ

オールトレーズカンパニー㈱にお問合せの方は、下記のフォームにご記入の上、ご送信ください。

TEL(任意)

件名(任意)

PAGETOP